ボロ戸建ボロ物件 不動産投資 DIY みきたムの勤め人卒業日記

うだつの上がらない勤め人をしています。

友達は減っても、また増えていく

不動産の世界で頑張ろうと決めてからというもの、友達の数は結構減りました。

もともと多くもないですけどね笑

 

 

人間関係に亀裂をいれてまで、不動産をやる意味はないだろうという意見もありますが、これは自分が決めて、自分で選んだことなのでいいんです。

 

別にこれまで割と頻繁に付き合いのあった友達に対して、直接

「今日からお前とは遊ばない!絶交だ!」

なんてことは言ってませんよ笑

 

 

ただ単に徐々に疎遠になっていくだけです。

誘いを断っていると、次第に連絡も来なくなります。 

 

 

そもそも、今の人間関係を綺麗に保ちつつ、

「今の自分を変える」

「もう一つ上のステージに行く」

というのは無理だと思うのです。

器用でハイスペックな人なら可能かもわかりませんが、僕には無理です。

 

 

飲みにいったり、旅行に行ったり、いいものを買ったりしながら、物件を買うためのお金を貯めるなんて矛盾しています。話の虫が良すぎます。

 

 

ものごとはトレードオフです。

「不動産を買いたい。お金を稼ぎたい。」

となると、お金を貯めないといけないし、勉強、リフォームする時間も必要になってきます。

じゃあ、その時間とお金を捻出するために、友達と遊ぶのは諦めよう、散財するのも諦めよう。となるのは至って自然なことではないでしょうか。

 

 

友達を減らしたというよりは、不動産を選んだ結果、結果的に友達が減った感じです。

 むしろ交友関係は洗練され、本当に仲のいいやつばかり連絡を取るようになったといういい面もあります。

 

まあこの道を選んだのは自分だし、友達が減るのは仕方ないなと思っていました。

 

 

ところがです。

最近ふと、また友達が増え始めていることに気がつきました。

 

それは不動産を通して出会った方々です。

セミナーで知り合う方もそうですし、こうやってブログを書いていると、大変ありがたいことに手伝いにきてくださる方もいるんです。

 

今の物件では、ピカルんさんは何度も手伝いにきてくださっていますし、先日は知り合ったばかりのダーヤマさんもわざわざ差し入れを持ってきてくださいました。

 

セミナーで一度しかお会いしたことのない方であっても、LINEを通してまるで友人かのようにお互いの近況を連絡しあったりもしています。

 

 

今の自分や環境、現状を変えるために、今の人間関係は捨てよう!と決意し、毎日がむしゃらにやっていたらまた、新しい友達ができていたのです。

 

 

学校や、会社の同期じゃなく、社会人になってからも友達ってできるんですね涙

感動しています。

(向こうが僕のことをどう思っているかは知りませんが、僕が友達と思えば、友達です笑)

 

 

友達というよりは、同じ志に向かって頑張る「仲間」という言葉の方が正しいのでしょうか。

 

 

なにはともあれ、自分を変えるには自分の周りにいる人間を変えるしかないというのは本当だと思っています。

 

勘違いしてほしくないのは、地元の友達をバカにしているのではなく、これは選択、考え方の話です。

自分はあの人たちよりも、この人たちといる方が楽しいから、この人たちと付き合う。

ただそれだけです。優劣ではありません。

 

 

周りにも、今いる環境の人間関係に違和感を感じていながらも、それを断ち切れなくて困っている人はたくさんいます。

 

原因は他に替えがないからです。

 

僕も孤独は嫌です。それはすごいわかります。

今、自分が属しているコミュニティが会社や学校だけとなると、そこでの人間関係が全てになってしまいます。

そうなると、そのコミュニティでの自分に対する評価がセルフイメージと直結しますので、ビクビクするのも仕方のないことです。

 

一方、他のコミュニティでも人間関係、繋がりがある人なら、

「別に最悪ここはダメでも、自分には居場所がある」

そう思えます。

精神的にとても健康です。

 

これはいわゆる「自由」という状態の一つではないでしょうか。

人間関係を選択することができるという自由です。

 

 

不動産の世界には面白い人がたくさんいるし、そういう人たちともっと関わりたいと思っています。

 

だから、地元のマイルドヤンキーたちにやいやい言われようと、会社の飲み会を断り、上司によく思われないでいようと、あまり気にしないでいられるのです。

 

メンタルの強さではなく、依存先が他にあるかの違いです。

 

 

 

 

 生まれた地域、会社の人間関係は選べませんが、一歩外に出れば、人間関係さえもいくらでも自分で選択することができる時代です。 

 


こう言っている自分も、収入源は一箇所に依存しているので、金融資本に関してはビクビクしながら生活しています笑

 

 

 
不動産ランキング

 

 

勤め人卒業を志してから170日。

床のリフォーム② 畳をクッションフロアに!

こんにちは。

久しぶりの更新になります。

 

ゴールデンウィークは有給も組合わせて、6連休!

全日、労働力投入してきました。

 

 

ゴールデンウィークでリフォーム全部終わるんじゃね?」って思いましたけど、甘かったです。

もう少し、かかりそうです。

 

 

前回までに、床が抜けている原因であった根太と大引を直しました。

 

knt-united.hatenablog.com

 

今回はその続きです。

 

 

床の支えはしっかりしたので、あとはベニヤ板を貼って、根太を打って、さらにベニヤ板を貼るだけです。

 

 

まず、この状態でした。


 f:id:knt_united:20180514163646j:image

 

 

 

 

 この状態だと、抜けている部分にベニヤを貼れないので、とりあえずボロボロの床を全部剥がします。

 

f:id:knt_united:20180514163813j:image

 

下地の厚さを測ると12mmだったので、12mmのベニヤを4枚買ってきます。

んで、ベニヤを貼ります。

f:id:knt_united:20180514163955j:image

 

これだけでも結構いいですねー笑

 

 

 

これで、普通の床の下地が完成です。

この上に畳をおいてもOKなわけです。

 

 

今回は畳を全部捨てて、クッションフロアにします。

 

この部屋の畳の厚さが55mmだったので、そのぶん床を底上げしないといけません。

 

今回は

・根太(角材)40mm

・ベニヤ板12mm

・クッションフロア1.8mm

の合計53.8mmでいきます。

 

「55mmになってねえじゃねえか!」との声が聞こえてきそうですが、すいませんサボりました。

だって色々考えたけど合わないですもん。

 

 

それでは根太を打っていきましょー

f:id:knt_united:20180514164548j:image

 

根太(ねだ)を打ち終わったら、 その上からベニヤ板貼ります。

f:id:knt_united:20180514164646j:image

 

 

 

 順次、貼っていきます。

 

 f:id:knt_united:20180514164705j:image

 

これで床は52mm。だいたい平らにになりました。

この上にクッションフロア(1.8mm)を貼ります。

 

f:id:knt_united:20180514165133j:image

f:id:knt_united:20180514165152j:image

 

どうでしょうか。

それっぽいですよね笑笑

リフォームを始めてから一番達成感がありました。

 

こんな感じで、床は合計3部屋を畳からクッションフロアにしていきます。

 


不動産ランキング

 

 

勤め人卒業を決意してから167日。(はええ〜)

 

床のリフォーム① 折れている大引

 

こんにちは。

ようやく、床のリフォームに入ることができました。

天井→壁→床ということで、とうとうリフォームも後半戦です!

((「ない壁」(後日説明あり)という現実は無視します。))

 

 

 

さて、リフォーム開始です。

「やったー、畳を綺麗なクッションフロアにするぞ〜」

と思っていた矢先、これまたないがしろにしていた現実に直面します。

 

f:id:knt_united:20180502194048j:image

 

そうだった…

この家、床が抜けているんです......。

 

 

「お、落ち着ちつくんだ俺。下地のベニヤをはぐって、新しいベニヤを貼ればいいだけじゃねえか」

 

 

恐る恐る、中を覗きます。

 

 

 

f:id:knt_united:20180502214811j:image

 

隣の部屋も含め、 見事に根太も折れています。

(根太:下地のベニヤを支える木の棒)

 

「どうすんだこれ....。」

 

 

しかし、まだまだ序の口。さらにやばいものを見つけます。

 

なんと、根太を支える大引と呼ばれるやつも折れてました。

 

「終わった....」

 

根太だけなら、新しい木材をホームセンターで買ってくるだけで簡単に解決します。

しかし、大引。これ厚さ90mmくらいあります。しかもなんかホームセンターで見たことないような木です。(探せばあるんでしょうか?)

 

「くそ〜。木材屋に言って注文して、大引ごとリフォームせにゃならんのか〜」

途方に暮れてるなうでした。

 

 

 

「大引 直し方」

「大引 リフォーム」

とりあえずググってみましたが、全然わかりません。笑

なんだかこいつのリフォームは現実的じゃない感じがしました。

 

 

ここで師匠のポールさんに相談しました。

 

すると

「束(つか)というものがあるよー!」

 

なんと、「束」なるものが世の中にはあったのです!

 

 

 

束は金属製のものと、プラスチックのものがありました。プラ束のほうが使いやすそうでしたけど、安かったので金属のものを買いました。

この束、サイズもいくつかあり、ねじ式で伸縮もしてくれます。大変優秀であります。

これで折れている部分を下から支え、補強しました。

 

f:id:knt_united:20180502215202j:image

f:id:knt_united:20180502215212j:image

(銀の小さいやつ、みえるかな?) 

 

ちなみに、ちゃんと水平器も使って束の長さを調節しましたから...!(震え声)

(後になって微妙に水平じゃないことに気がつきました泣)

 

 

いやー、それにしても世の中、便利なものがあるもんですね。

助かりました。

にしても、ポールさん、なんでも知ってらっしゃいますww

恐ろしい。

 

 

引き続き、床頑張っていきますー 

 


不動産ランキング

 

 

勤め人卒業を決意してから155日

紙に書く習慣

 今回の記事の対象は、僕のように頭がよろしくない方向けです。

(高校偏差値は県内最低。中学の通信簿には1が転がっているレベル。)

 

 

頭のいい方は必要ないです笑

 

では、本題に入ります。

 

 

僕は、何か困ったことがあったり、ものごとを考える際は、紙とペンを使うようにしています。

スマホやPCではなく、紙とペンです。

 

で、紙に困っていることや思ったこと、考えたアイディアなどををひたすら羅列していくんです。

これ、誰にも教えたくないんですが、めちゃくちゃおすすめです。

 

 

例えばです。

僕は今現在、戸建をリフォームさせていたただいている最中にあります。これは全くもって初めての経験です。

 

現状、「やらなければいけないこと」はわかります。しかし、それは山のようにあるのです。(頭で考えると、山のように見えてしまう)

この時点でかなり脳に負荷がかかります。

加えて、「やらなければいけないこと」のやり方はまだ全然わからない状況です。(例えば、CFの貼り方、壁紙の貼り方など)

 

もっというと、まだやったことがないので、自分にできるのかさえも未確定な状態なのです。

考えれば考えるほど不安は増強し、恐怖ですんげー嫌になってきます。

 

 

こうやって、自分の頭の中だけで「これからやらなければならないこと」を考えると死にそうになります。

 

 

「めちゃくちゃな量があるけど、俺にできるのか.....」

 

 

頭が悪い故ただでさえ少ないキャパ。一瞬で脳がパンクします。

これが吐きそうになる原因の一つです。

 

 

僕は、どうにかならないものかと悩んだ挙句、紙に書いてみました。

これは、もともと僕がスポーツをやっている頃からある習慣です。

昔から、何かに悩んだときは紙に書くようにしていました。

 

 

紙に書く際のやり方はありません。

紙には何を書いてもOKです。

 

 

 単純に気持ちや感情を書き出してみるだけの時もあります。

「くそ!悔しい!、ムカつく!絶対やってやる!」

試合に負けたときや上司にボロクソ怒られたとき、彼女に振られたときなど、色々な場面で有効です。

興奮や絶望、鬱など色々な感情が汚い言葉でバンバン出てきます。

 

 

他には、タスクを書き出してみるのは抜群に効果があります。ガチでやばいです。

 

リフォームの例でいうと、自分の頭で考えているときは、「一生終わらねえ!」思えるのですが、書き出してみると冷静に考えられます。

 

これは実際に僕が書いたものです。

(字の汚さが頭のレベルを表しています)

 f:id:knt_united:20180425170654j:image

 

 

こんなふうにタスクを洗いざらすことで、

「あ、死ぬほどではないな。一つ一つやっていけばなんとかなりそう。」

と思えるわけです。

 

 

具体的に言いますと、

・壁のリフォーム

  壁紙を貼ろう→壁紙の貼り方がわからない→調べる→youtubeでみる→それでもわからない→師匠にきく→理解→次に必要な道具は?

 

 

と連想ゲームのように書き出します。

 

 

僕、紙とペンこそ最強のテクノロジーであると思うのです。

 

 

 

 

これはリフォームに限らず、物件探しなど不動産賃貸業を行う過程全てに使える方法です。

頭でものごとを考えることができる優秀な方はいいですが、僕のように少しでも考え事をすると死ぬタイプの人間は是非やってみることをおすすめします。

 

僕自身、紙とペンは一生使っていくことになると思います。

  


不動産ランキング

 

 

 

勤め人卒業を決意してから148日。

 

砂壁に壁紙を貼る

こんにちは。

 

「ない壁」(後日詳しく説明します)をのぞいて、ようやく、壁は終了です。

 

先日、砂壁にパテを塗った記事を書きましたが、その上から壁紙を貼りました。

 

knt-united.hatenablog.com

 

砂壁というものは、触るとボロボロ落ちてくるので、直接壁紙が貼れません。

そこで砂壁を平らにするためにパテというやつを塗ったのです。

 

このパテというやつは優秀で、ちょっとデコボコして気になるところがあれば、こいつを塗って平らに見せかけることができます。

 

 

例えばこれ。

 

以前、浴室の壁をぶっ壊したので、もう一回壁をつくる必要があります。

 

knt-united.hatenablog.com

 

壁を取り除いた様子

 

f:id:knt_united:20180421211115j:image

 

 

ここにベニヤ板を貼って壁を作ります。

ところが、いかんせん素人大工なもので、ベニヤとベニヤの間に隙間ができるんですね。これでは壁紙を貼った時に一瞬でバレるぞということで、隙間をパテで埋めます。

 

 

f:id:knt_united:20180421211231j:image

 

 

画像はパテ塗りの途中ですが、これで隙間はある程度埋まります。

パテにはほんと感謝ばっかりです。

 

 

話はそれましたが、そんなパテを使って平らになった砂壁に、壁紙を貼りました。

もはや普通の壁と同じ感じでとても貼りやすいです。

 

 

 

注意ポイントは壁紙を貼る前のヤスリがけです。「壁紙は下地が命!」らしいですよ。

パテ塗りが下手で多少デコボコしていましたが、これで結構ごまかせます。

(ごまかしてばっかだ....)

ヤスリはホームセンターで売ってる180番付近を使いました。

荒い番号でも割といけます。

 

サンダーは手動のもので十分ゴシゴシできました。

これでやすると楽チンです。

 

 

ただ、マスクはつけていても、粉塵で目と鼻と口が辛いです....。

これのせいか知りませんが、三日間ほど体調を崩しました笑

今後は石膏ボードもそうですが、防塵マスクが必要かもしれません。

 

 

壁紙の貼り方はこちらの動画を参考にしました。

 

 

嘘です。自分はほとんど師匠に習いました。すいません笑

でもこの動画をみて学べば十分できると思います。

毎回この職人さんにお世話になっている気がします。

 

この職人さんに対して、批判コメントも多いですが、ほっとけばよしです。十分すぎるほど勉強になります。

 

そもそも時々勘違いしそうになりますが、僕は職人になるわけではないのです。

職人の気持ちでリフォームしますが、職人レベルを意識するとリフォームも一生終わりません。

リフォームの精度をどこまで目指すかは今後、家賃設定と相談しながら磨いていきたいセンスの一つです。

 

 

壁の長さを横と縦と測って、そのプラス10センチ余裕を持たせて切って、ノリをローラーで塗って貼るだけです。あら簡単。

 

 

のりも壁紙用の売ってます。

 

僕は「ノリねえ!。うわ〜もうボンドでいいだろ!」

で、水で薄めたボンドでも十分つきましたけど。はい、怠慢です。

 

 

砂壁ローラーコロコロもしましたが、やっぱり壁紙の方が綺麗です。

次も壁紙でいこうと思います。

 

ビフォー

(パテ前)

f:id:knt_united:20180421211442j:image

(パテ後)

f:id:knt_united:20180421211544j:image

 f:id:knt_united:20180421211511j:image

 

アフター

 

f:id:knt_united:20180421211609j:image

f:id:knt_united:20180421211628j:image

 

砂壁ローラーコロコロ(塗装)たぶん一度塗り目

f:id:knt_united:20180421213126j:image


不動産ランキング

 

 

勤め人卒業を決意してから144日。

合わないガタガタな戸

こんにちは。

今週は有給を使って計4日間、リフォームしてきました。

 

「四日もあれば壁を完成させて来週から床だなー」

なんて計画を毎週立てているのですが、一ミリも工程通りにはいきません笑

 

予想外のハプニング、掃除や片付けといった雑務にも案外多くの時間が取られることを実感しています。

 

 

随時工程順にリフォームの様子をアップしていきたいのですが、いかんせんやっている最中は「どうすんだこれ〜....」といつも途方にくれているため写真を撮る余裕がありません笑(メンタルへぼい)

 

ですので今週も仕上げた箇所をいくつか撮り忘れました笑

 

時系列はバラバラですが、そのうちアップしていこうと思います。

 

 

今週は壁、あとは戸をリフォームしました。

戸は襖と障子です。

 

どちらも表面がボロボロです。そして何より全然動きません笑(スライドしない)

取り外されている戸もいくつかあったので、取り付けてみると、見事にはまらないのですww

スカスカ。

 

でもここに戸がないとさすがにまずい。

 

どうしようか考えた挙句、細い木の板を戸の上に打って、はまるようにしました。

戸の上の部分の横幅、あとは隙間の空間のだいたい長さを測って、それにあう木の細い板を探す! 

 

f:id:knt_united:20180416185126j:image

 

 

 

そしたら見事、

 

 

 

f:id:knt_united:20180416185113j:image

 

 

 

これで戸がはまりました!

 

ホームセンター、なんでも売ってます!

ほんと近くでよかった!

これまで何往復もしています笑

 

まあ見た目は不細工ですが、仕方ありません。これしか思いつきませんでした泣

 

 

戸がはまり、しっかりと滑ることを確認し、障子を貼りました。

 

これまで家の障子は一枚も変えたことがない僕が、今こうやって障子を張り替えているとは不思議なものですね。

 

 

障子張りはめちゃくちゃ簡単でした。

骨組みにノリを塗って、障子を貼り、外側の枠に沿ってカッターで切るだけ。

 

こちらの動画を参考にしました。 

 

 

障子一つを張り替えるだけでも、綺麗に見えるものです。

ちょっとした達成感がありました笑

 

f:id:knt_united:20180416185148j:image

 

 f:id:knt_united:20180416185158j:image

 

 

では、引き続き頑張っていきますー

 


不動産ランキング

 

 

勤め人卒業を決意してから139日!

脱衣所のプチ電気工事に挑戦

次なる壁は脱衣所!

 

「脱衣所の壁も塗り塗りするか〜」

 

そう思っていや矢先、目にしたくないものを見つけました。

 

 

f:id:knt_united:20180408202006j:image

 

電気ケーブルの銅線が見えていますwwwww

 

 

「嘘つけwwなんじゃこりゃ!」

 

 

一瞬目をそらして、見なかったことにしました。

 

 

 

ここは脱衣所で水回り。洗濯機すぐそこ。

今まで火事にならなかったのが不思議です。笑

 

 

 

無視したくても、これは見つけてしまった以上するわけにはいきません。

 

「どうすればいいんだ〜」

 

10分ほど、頭を抱えましたが、悩んだ挙句、思い切って壁をぶち壊して、ケーブルを取り替えることにしました。

 (ちなみにですけど、僕、電気工事の資格持ってます笑

もう配線あれこれは忘れて組めませんが、簡単な部品交換ならできます。)

 

 

 

まずは、ケーブルを切って取り付けるために、壁をハンマーで壊します。

 

 

 

f:id:knt_united:20180408202130j:image

 

 

「この壁壊していいのか?おっ、ボロボロ落ちてくるぞ!」

不安を抱えばがらも、ひたすら叩きました。

 

f:id:knt_united:20180408202146j:image

 

 

破壊完了。

(こいつらどうやって処分すんねん) 

f:id:knt_united:20180408202201j:image

 

壊す前は、この壁は壊していいものなのか不安だったけど、壊してみると案外なんとかなりそうです。

 

あとはケーブルの銅線が見えている部分を切って、買ってきたケーブルにジョイントで繋ぐだけです。

 

 

こんな感じになります

 

 

f:id:knt_united:20180408202216j:image

 

 

それっぽいですねーw 

 

 

 

このあと、なんだかこの家の電気系統が心配になってきたので、全部見てみることにしました。

すると、見事、コンセントが二つ焦げていますwwwww

 f:id:knt_united:20180408203047j:image

 

 

 

よく今日まで無事でしたねこの家...

 

 

恐ろしいことです。

 

 

物件を買うときは、電気工事もチェックポイントになりそうですねww

 

 

コンセントが焦げているのが不安だったので、隣の壁もぶっ壊して中のケーブルを確認しまた。

 

 

 

f:id:knt_united:20180408202239j:image 

 

中をみると、配線がてんやわんやでした。

「このケーブル、絶対いらねえだろ....」

「なんで接地線と黒線がつながってんだよ!」

よくわからないのがいくつかありました。

 

とりあえず使わないものには、絶縁テープをまき、絶縁しときました。

 

 

 

学校を卒業したあと、まさか電気工事をするとは思ってもいませんでした。

 

今回の電気工事も然り、やはりなかなかすんなりとことは進まないものだというのを痛感しています。

ほんと、一件やり遂げたことのある方を心から尊敬します。

まだまだ予想外の困難が訪れると思いますが、心を折らしながらも七転び八起き、頑張っていきます。

 

 

諦めるという選択肢はありませんから!

 


不動産ランキング

 

 

 

勤め人卒業を決意してから133日