ボロ戸建ボロ物件 不動産投資 DIY みきたムの勤め人卒業日記

うだつの上がらない勤め人をしています。

砂壁に壁紙を貼る

こんにちは。

 

「ない壁」(後日詳しく説明します)をのぞいて、ようやく、壁は終了です。

 

先日、砂壁にパテを塗った記事を書きましたが、その上から壁紙を貼りました。

 

knt-united.hatenablog.com

 

砂壁というものは、触るとボロボロ落ちてくるので、直接壁紙が貼れません。

そこで砂壁を平らにするためにパテというやつを塗ったのです。

 

このパテというやつは優秀で、ちょっとデコボコして気になるところがあれば、こいつを塗って平らに見せかけることができます。

 

 

例えばこれ。

 

以前、浴室の壁をぶっ壊したので、もう一回壁をつくる必要があります。

 

knt-united.hatenablog.com

 

壁を取り除いた様子

 

f:id:knt_united:20180421211115j:image

 

 

ここにベニヤ板を貼って壁を作ります。

ところが、いかんせん素人大工なもので、ベニヤとベニヤの間に隙間ができるんですね。これでは壁紙を貼った時に一瞬でバレるぞということで、隙間をパテで埋めます。

 

 

f:id:knt_united:20180421211231j:image

 

 

画像はパテ塗りの途中ですが、これで隙間はある程度埋まります。

パテにはほんと感謝ばっかりです。

 

 

話はそれましたが、そんなパテを使って平らになった砂壁に、壁紙を貼りました。

もはや普通の壁と同じ感じでとても貼りやすいです。

 

 

 

注意ポイントは壁紙を貼る前のヤスリがけです。「壁紙は下地が命!」らしいですよ。

パテ塗りが下手で多少デコボコしていましたが、これで結構ごまかせます。

(ごまかしてばっかだ....)

ヤスリはホームセンターで売ってる180番付近を使いました。

荒い番号でも割といけます。

 

サンダーは手動のもので十分ゴシゴシできました。

これでやすると楽チンです。

 

 

ただ、マスクはつけていても、粉塵で目と鼻と口が辛いです....。

これのせいか知りませんが、三日間ほど体調を崩しました笑

今後は石膏ボードもそうですが、防塵マスクが必要かもしれません。

 

 

壁紙の貼り方はこちらの動画を参考にしました。

 

 

嘘です。自分はほとんど師匠に習いました。すいません笑

でもこの動画をみて学べば十分できると思います。

毎回この職人さんにお世話になっている気がします。

 

この職人さんに対して、批判コメントも多いですが、ほっとけばよしです。十分すぎるほど勉強になります。

 

そもそも時々勘違いしそうになりますが、僕は職人になるわけではないのです。

職人の気持ちでリフォームしますが、職人レベルを意識するとリフォームも一生終わりません。

リフォームの精度をどこまで目指すかは今後、家賃設定と相談しながら磨いていきたいセンスの一つです。

 

 

壁の長さを横と縦と測って、そのプラス10センチ余裕を持たせて切って、ノリをローラーで塗って貼るだけです。あら簡単。

 

 

のりも壁紙用の売ってます。

 

僕は「ノリねえ!。うわ〜もうボンドでいいだろ!」

で、水で薄めたボンドでも十分つきましたけど。はい、怠慢です。

 

 

砂壁ローラーコロコロもしましたが、やっぱり壁紙の方が綺麗です。

次も壁紙でいこうと思います。

 

ビフォー

(パテ前)

f:id:knt_united:20180421211442j:image

(パテ後)

f:id:knt_united:20180421211544j:image

 f:id:knt_united:20180421211511j:image

 

アフター

 

f:id:knt_united:20180421211609j:image

f:id:knt_united:20180421211628j:image

 

砂壁ローラーコロコロ(塗装)たぶん一度塗り目

f:id:knt_united:20180421213126j:image


不動産ランキング

 

 

勤め人卒業を決意してから144日。