ボロ戸建ボロ物件 不動産投資 DIY みきたムの勤め人卒業日記

うだつの上がらない勤め人をしています。

買い付け童貞卒業

タイトルにある通り、買い付け童貞を卒業した。

そしてなんと、その買い付けも通り、あとは契約書にサインするのみとなった。

 

途中に「もう一人相続主がいたので、合意の確認をとってもらっています」

と言われた時は、今回もダメかと少し覚悟はしていたが、OKとのこと。

部屋で大きくガッツポーズし、雄叫びを上げた。

 

 

今回、150万(安い!)の物件を130万で指値。仲介業者さんに「きついっすわー」と言われ、その場で140万に変更。

それが今回通った。

 

 

 

「不動産王になる!」と去年の11月に決めてから、2ヶ月とちょっと。

思っていたよりも早く、1個目の物件を手に入れられそうだ。

とても嬉しい。

 

しかし、まだ契約書にサインをしていないので、油断はできない。

今はただただ早く契約したい。

 

スペック

 

築:不明

便所:浄化水槽

雨漏りなし

500坪

納屋、倉庫あり

 

近くに高校、小学校あり。

家自体は田んぼの真ん中。

 

 

見た目は古いが、中は十分新しい。上記のスペックだけ見ると、「大丈夫か?」と思われるかもしれないが、私自身、結構自信を持っている。根拠はない。直感だ。

 

 

不動産は勉強して取り掛からないと、カモにされて終わるというアドバイスを受けていた。それは嫌だと思い、こんにちまで50冊程度の書籍とブログを読んだ。

まだ勉強した方がいいのかもしれないが、僕はもううんざりしていた。

 

そろそろ本を読むのもだるい。ほとんど同じことが書いてある(ように見える)し、頭にも入らない。

 

 

「勉強はほどほどにして、早く1個目を買った方がいいのではないか。」

そう思った。怠惰な自分はそうやって追い込む環境を作っていかないと、時間ばかりが無駄に過ぎていく。

 

 

それに「一発目でこけたらアウト」というのはアパートを何千、何億という融資を受けて買う場合の話であって、中戸建てたかが100万、200万の失敗がなんだというのだ。

 

 

うるせえ。俺は買うのだ。

 

この物件はまだ正式に売りにも出しておらず、たまたま僕のところに話が回ってきた。

だからスピードが命だと思って、その場で買い付けを入れた。

 

 

僕は俗にいう「一棟目を焦っている状態」なのだろうか。

わからない。でも、焦らないわけがない。誰だって早く大家になりたいし、自分の条件に少しでも近い物件が突如現れたら、飛びついてしまうと思う。

 

 

今年の目標は戸建て3個購入。

資金は、公庫(前記事で敗北)か家庭内レバレッジ、もしくは銀行でなんとかする。

今の所は家庭内レバレッジが一番有力だろう。1個目で実績を作り、あとは土下座でもなんでもする。

 

 

この物件はリフォーム代込みで250万まで出すつもりだ。

5万で貸し出せば、利回り24%

4万5千で21.61%

4万で19.2%

 

素晴らしい。

 

 

もう一つの目的として、DIYのスキルを身につける。

そのためなら、リフォーム代が増えて多少利回りが悪くなることも厭わない。

 

単なる大家になるだけではダメだ。

 

DIYのスキルを身につけ、空家再生のビジネスモデルを作るところを目指す。

それなら、転貸だってありえるし、可能性が広がる。

 

 

3月予定の引き渡しが待ち遠しい。


不動産ランキング