ボロ戸建ボロ物件 不動産投資 DIY みきたムの勤め人卒業日記

うだつの上がらない勤め人をしています。

久しぶりに熱いものを感じている

先週も師匠のアパートのリフォームを手伝わせていただいた。

 

僕は毎週、休みがあればいこうと思っている。

今回は、明け日(交代制の日勤と夜勤が切り替わる日)にお邪魔させていただいた。

(それは夜勤前の睡眠を犠牲していることを意味する。)

 

場所は少し離れたところだったので、2時間かけて行った。

 

師匠は「わざわざ夜勤前にきたのか!?」

と、驚かれていた。

 

 

「俺ってここまでする男だったっけ?」

 

自分自身に驚きながらも、自分の中にそんな情熱というかエネルギーが残っていることが素直に嬉しかった。

 

 

 

でも僕は本来、そういう人間だったはずだ。

誰でもできることを誰にもできないくらいやる。

ガキの頃から、野球はすげー頑張っていた。

 

小学、中学は朝練がないので自分で朝6時に学校のグラウンドに行って練習していた。

帰ってからもひたすらバットを振った。

 

暇な時間は、プロのプレー映像を見たり、野球関係の本はもちろん、身体の構造みたいな本を読みまくっていた。

 

 

周りにそんなことをしている人は一人もいなかった。

でも、僕はそれが楽しかったし、毎日を生きる希望があった。

 

 

それが勤め人になってこの1年半。

 

僕はそこら辺の人と変わらなかった。

むしろ、活力はゼロ、いかに楽をして過ごすか、

まあ、サボることしか考えていないクズだ。

 

 

「俺はもう頑張ることができない人間じゃないのか」

 

どこか自分自身に失望しているところがあった。

 

 

「君はみんなが羨む大企業に入ったんだぞ!目の前の仕事を一生懸命頑張ればいいじゃないか!」

とよく言われる。

 

 

僕も思う。

なんて俺は贅沢な人間なんだろう。

 

でも、無理なんだ。

 

 

なんでか知らないけど、今の仕事で頑張ることはできないのだ。

正確にいうと、頑張りたくないのだ。

 

 

理由を言語すれば山のように出てくるけど、まあそれはいい。

 

 

サボって適当に楽して過ごす。

ずっとこんな日々が続くかと思っていた。

 

 

でも、今は違う。

 

 

ぶっちゃけ不安もある。

 

俺は成功できるだろうか。

借金を抱えて破産して他人に迷惑をかけるのではないか。

仕事もだめ、不動産もダメで、最後には何も残らないのではないか。

時間とお金を投資して、ダメだったらどうしよう。

 

 

でも、この不安が俺を動かす。

 

 

本業にこんな不安はない。

 

 

俺はその気になれば、誰でもできることを誰にもできないくらいやることができる男だ。(そう信じている)

 

やらない理由、できない理由は考えれば考えるほど出てくる。

あいつら勤め人はみんな、そう言ってやらないんだ。

 

俺は違う。

できる理由、それをやる理由を探す。

 

 

今はまだ物件を1つも持っていない状態で、全く先が見えない。

今できることは、本とブログを読むこと、セミナーに行くこと、師匠を手伝うこと(学ぶ)だ。

そろそろ不動産屋さんにも一回行ってみようと思う。

 

とりあえず、来春にボロ戸建てを一つ買う。

来年は自動収入3万円を作る。

 

 

 


不動産ランキング

勤め人卒業を決めてから、22日。