ボロ戸建ボロ物件 不動産投資 DIY みきたムの勤め人卒業日記

うだつの上がらない勤め人をしています。

やってみよう! どうせ、みんなやらない!

「不動産投資!」と決めてからの僕の行動は日に日に加速している。

 

今日はなんと、有名大家さんにお会いしてきた。

 

インターネットを介して、自分でアポを取り、会わせていただいたのだ。

 

昔の自分から見てもありえない行動である。

 

幸い先方は、こんなアホの若僧を快く受け入れてくださった。

ありがたい話だ。

 

 

 

このような出会いの仕方はとても新鮮だった。

僕の人脈は、せいぜい、地域、学校、スポーツ、会社関係くらいである。

もちろん 「勤め人はクソ」とか「非モテはナンパしかない」とかそんな話はあまりできない連中だ。

常識が好きな人達。まあ合わせることはできるが、心底わかり合うことはほぼない。

(言わずもがな友達は無条件で大切だ。)

 

 

それが今日、違うステージの人と会うことができた。

「会えるといいな〜」と思いながら日々を過ごしていたが、実現した。

 

やはり、違う。

思考体系、思考回路が僕の知っている一般人とは違う。

体から溢れるエネルギーのようなものも全然違う。

もっと学ばさせていただきたい。このようなステージに自分も立ちたいと強く思った。

 

 

 

こうなったのも、全ては「やってみよう」のおかげである。

 

 「不動産?んー、よくわかんねえけど、

 

まず、本を買おう!

 

並行してブログも読もう!

 

読んでいるだけじゃダメだ、会おう!

 

そのために、アポを取ろう!

 

こういった次第である。

 

 

全て、「行動」のおかげで成り立っている。

 

 

難しいことは考えず、とりあえずやってみる。ただやってみればいいのだ。

 

 

今の世の中は選択肢と情報が溢れている。

 

その選択肢と情報の多さが、逆に行動を鈍らせる。

 

どの道も良さそうに見える。

しかし、みんな失敗はしたくないから、できるだけ吟味をする。

 

そうして調べているうちに、「やらないほうがいい理由」「難しい理由」が山ほど出てくる。

 

 

結果、「やってみない」というオチに至る。

 

 

なぜ、躊躇する必要があるのか。

 

やってみればいいのに。

 

深く考える必要はない。別に1年後には全く別のことをしているかもしていたも構わない。

 

やらないよりは百倍マシだ。

 

 

私はやってみようと決めれば、真剣にやる。

絶対に真剣にやる。

どんな困難であろうと、絶対に解決するという気概で挑む。

 

難しいことを真剣にやるから楽しいのだ。

 

 

 

あなたも、迷っていることがあればやってみればいい。

 

案外、できるものだ。

 

もちろん、成功するかどうかはわからない。

しかし、行動するかどうかは自分で決められる。

 

行動しよう。

 

どうせ、僕ら勤め人には、何もしない、くだらない日々が待っているだけなのだ。

このまま「何もしない」日々だけを待って一生を終えるか? 

 

そんな人生、俺なら死んだ方がマシだ。

 

 

学生もだ。

学生は「やってみよう」資源を最大に持ち備えている。羨ましい限りだ。

 

 

しかし、勤め人であろうと、できることはある。

 

 できることがあって、少しでもいいと思うのなら、やってみればいいのだ。

f:id:knt_united:20171215174602j:image 

 


不動産ランキング